進撃の社畜

ブラック企業を全て駆逐してやる

10年後テレビが無くなる

f:id:sato1987:20200224094935p:plain


テレビ局と言えば、従業員の平均年収が1000万円以上で、スポンサーもたくさんいて、莫大な利益が出ている。
良くテレビに出ているタレントの知名度はとっても高い、影響力も大きい。ネットで活躍するタレントもテレビ局に呼ばれたら出ている。テレビ局は絶大な資金と影響力があると思う。
売れているYoutuberは「テレビで活躍出来ないから、Youtubをやっている」と言ってた。まだ、ネット<テレビなんだろう。
それでも、この状況が長くはないのでないかと思う。
若い人でテレビを見ない人が多い。僕も殆ど見なくなってしまった。


テレビは見たい時間に見れない。レコーダに番組を取ってみる方法も有るが、面倒だからしない。
見どころとされる前で、CMが入ってみるまでに時間がかかる。見どころも大したことが無い。わざわざ、CMを挟む必要が有るのか疑問に思う。
ネットと違って見たくない所を飛ばすこともできない。放送時間の枠もあるので、自分にとっての見どころがカットされている可能性もある。
情報を収集するのに、効率が悪い。


テレビを見ている人は、ネットをしない高齢世代が見ていると思う。
中には、付けているだけで見ていない人もいるだろう。今でもテレビがつけられている時間の割に見られている時間は短いと思う。
10年もすると高齢世代は、動けない人も増えていくはずだ。言い方が悪いが、動けないと消費も出来ないので、CMを見せたところで商品は売れない。自分で商品を買うこともできない可能性が有る。
そうなると、スポンサーは高い広告料を払ってまで、宣伝したいとは思わない。
今後は、CM単価は下がり、いずれはスポンサーが居なくなるのでないかと思う。何かしらの対策をしないとテレビ局は無くなる。
スポンサー無しでも収入を得れるテレビ局だけが生き残る。


受信料を強制的に徴収してお金を溜め込んでいるNHKだけがテレビ局として残る。
この局は、受信料を払わない消費者に対して法的手段にでて、受信料を勝ち取っている。NHKに訴えられると、払わざるを得ない。
受信料を受け取って、貯金をしている。その額が7000億円になる。潤沢な資金を使って勝訴を勝ち取ってくる。それが前例となって次の裁判も勝つだろう。
個人から受け取った受信料で判決を買い取り、他の個人から受信料を払わせる。
実質的に税金で運営しているのと同じだ。NHKに予算が付く限りは、残るだろう。


10年後にはテレビ局はNHK以外は無くなるのでないかと思う。


テレビ局が生き残るには、YouTubeみたいにテレビ局が過去に報道した番組をいつでも見れる様にする。
新しい番組もネット上に投稿していつでも見れる様にしたら、また力を付けて、影響力と資金力を持つのでないかと思う。
僕はそうなって欲しい。


それが出来ない理由もある。テレビ局はキー局とローカル局がある。キー局が番組を作って、ローカル局は放送するだけだ。
キー局が作った番組をネット配信してしまうと、ローカル局が潰れる。守る為にも放送を続けるのでないかと思う。ローカル局が無ければ、みんなが放送局の番組を無料でいつでも見れる時代になる。娯楽の幅が広がる。
現状だと、番組をいつでも見よとすると、定額の料金が必要になる。
本来、役目が終わって潰れるべき組織が障害になって、新しいサービスが出来ない。もしくは割高な量う金を支払う羽目になる。
役目が終わったなら早く撤退して欲しい。


テレビ局には気をつけろ。

社畜に個人保険は向かない

個人保険には入る気が無い。単純に嫌いだからと言うのは有る。
人の命や健康を賭けるギャンブルが個人保険である。掛け金が少ない保険も有るが、保証が少ないから掛け金が少ない。どんなに安い保険でも、保険屋が儲かる仕組みになっている。
他のギャンブルと大して変わらない。掛け金から胴元の運営費と利益を引いてから、還元されるので賭けた人が負ける仕組みになっている。
ギャンブルをする人に、ボンビーが多いのは、負けているからだと思う。ギャンブルが面白いならそれでもいいのかもしれない。遊びにお金を使っていると考えることもできる。
保険も同じで、かけすぎると保険ボンビーになってしまう。
保険のプランを見る機会があるが、高額な保障はされないイメージが有る。治療費が高額になって自力で払えない額に限って、個人保険は全額保証してくれないなんてことが有り得そうだ。
健康を失って長期に渡り、治療費がかかる場合は最初の何カ月位は保障するが、それ以降は適応外なんていわれることも有りそうだ。
社畜をしている間は、国民健康保険だけ入っていればいいと思う。上限なしで保障して貰える。社畜は給与が安いので少ない保険料で手厚い保障を受ける利点もある。


保険は基本的にはギャンブルと変わりないのに「保険は社会人としての責任」だとか「愛の印」「安心を買う」なんていって売っているところが、納得いかない。
それなら、パチンコをすることも社会人としての責任でもいい。競馬は愛の印でもいい。競艇をして安心を買うと言っても良いはずなのに、他のギャンブルにお金を賭けていると言うとお金にだらしないイメージが有る。
僕は、人の命や健康に賭けている生命保険の印象も悪いと思う。やっぱり、個人保険だけが良いイメージを持たれることに対して違和感を感じる。


社畜に個人保険は向いていない。
個人保険の料金は、治療費×リスクに経費や利益を加えた額になる。
10年ごとに更新する。年をとるたびにリスクが高くなるので保障内容を維持すると保険料が上がる。一方で社畜は給与が上がらないので、保険料の負担ばかり高くなる。
負担を増やしたくないなら、保険料を一定にして保障を減らしていくことになる。病気するリスクが高くなる年齢になる頃には、保障内容がショボくなっている。
保険はイザと言うときに役立つと言うが、イザが起こる頃には、役に立たない保険になっている。
若い時の保証を維持したいなら、保険料を上げるしかないが、給与が上がらない社畜には負担がキツクなる。
だから、社畜には個人保険は向いていない。


個人保険は割高な気もする。保険を扱っている人は、高所得は人が多い。
営業に来る人も、ブランドバッグや時計を身に着けている。保険に入るということは、その人の給与を負担することになる。
一方で社畜の給与は安い。安い給与で高所得者の給与を負担していたら、生活が苦しくなる。
やっぱり、社畜は個人保険に向いていないと思う。


個人保険に気を付けろ。

未払い残業代の請求時効が延長へ 

未払い残業代、請求時効は当面3年に延長へ 経営に配慮

www.asahi.com

社員が未払い残業代などをさかのぼって会社に請求できる期間(時効)は過去2年分までとする労働基準法の規定について、厚生労働省は27日、「当面3年」に改める方針を決めた。
来年4月施行の改正民法で、お金をさかのぼって請求できる期間が「原則5年」になるのに合わせて「5年」とすることを検討したが、企業の負担が増すと主張する経営側に配慮した。

経営者に配慮する必要は全くない。
残業代は支払われて当たり前である。労働者は時間を売ってお金を得ている。労働者にとって時間は商品である。商品を買えば、料金を払うのは当然で、窃盗すれば捕まって当然である。窃盗した料金を払う程度では済まされない話だ。
残業代を支払わない行為は、商品を10個欲しいとする。8個は籠に入れてレジで料金を払って、2個はポケットに入れて代金を払わずに店を出る行為だ。万引きとやっていることは変わらない。
窃盗しておいて後で代金を払って、それで罪に問われないなんて甘過ぎる。しかも、今までに大量に商品を万引きしていて、支払いが大変なので、万引き犯に配慮して、本当は時効を5年にしたいが、ひとまず3年にしている様なものだ。

また、残業未払いが発覚して支払て終わりなら、とりあえず残業代を払わない企業が得をするだろう。未払いが請求されない事項を迎えたら払わないで済む。姑息な企業が得をする社会で良いはずがない。
万引きに例えると、窃盗がばれたら商品の代金を払えば見逃されて、見つからないとそのまま持って帰れる。とりあえず万引きして見つかれば払う人が得をしてしまう。そんなことは有り得ないだろう。

万引き犯が正当な料金を払っていないので、配慮は全くする必要が無い。むしろ罰金や手数料、金利を付けて支払う。悪質な場合は懲役刑に処さ位でいいと思う。
残業代となると甘すぎる。仕事となると、何でも許される。もしくは甘くみられるから、いつまでたっても窃盗行為と同じである残業未払いが許される。
意図的に残業を払わない使用者は額に応じて、刑務所にでも居れるべきだろ。
現状だと、未払いの残業代を払うのは大変だろうから時効を短めに設定する始末だ。それが有りなら、横領した労働者にも配慮してやれよ。
2年以上前にやった横領は、返済義務なし、罪に問われない位の配慮をしてやるべきだ。もちろん、2年以内にした横領は返済したら罪に問われない。
使用者は、労働者から奪う時は当たり前の様な態度を取り未払いの支払が大変だと被害者面するが、逆の立場になると訴えて逮捕までされる労働者がいる。
僕は、残業未払いは、万引きや横領と同じでだと思う。同じ様に対処するべきだろう。残業未払いした使用者に対して、配慮する必要は全くない。

最終的に時効が5年になるとされるが、短いと思う。もっと長くても良い。
残業代を払わないことは横領に似ていると思う。
刑事訴訟法250条2項4号によると業務上横領の時効は7年である。これは刑事上の時効なので、それ以降も民事上で返済を求めることが出来る。
残業未払いの刑事上の時効が7年で、労働者が返して欲しいと言えば民事上で返済を求めることが出来る様にすればいい。そういう意味では無期限で請求出来る事案にしてもいい。
そもそも、労働者が求めなくても支払うべきだし、請求されたら未払いの残業時間を改ざんすることなく提示するべきだ。誠実な対応をするべきだ。

残業未払いの時効が伸びて苦しむ使用者は、是非ともこの機会に支払えないなら潰れて頂きたい。残業代を払わず利益を得て生き延びているので、本来ならもう潰れていた企業である。
未払いの企業が潰れたら、残業代が払えない無駄な企業が潰れて、まともな環境で働ける労働者も増える。

コロナウイルスでイベント中止

f:id:sato1987:20200222123857p:plain


コロナウイルスの影響で、マラソンが中止になったり、学生の合同説明会が中止になったり、入社式が延期になっている。
イベントにコロナが紛れ込んでいると蔓延するから中止にしたり延期にしているのだろう。
イベント以上にコロナが蔓延する場所がある。通勤電車だ。乗車率が200%になるところもあるようだ。
近くに咳をする人がいたら、離れることもできない。細菌が混じっている咳を浴び続ける羽目になる。
イベントと違って毎日乗るから、感染する確率も上がる。
イベントを中止する配慮が有るなら通勤にも配慮しろよ。通勤時間をずらすこともできる。
重要な仕事をしていると言うならコロナウィルスに侵されたら、会社が困るのだから社用車で迎えに行くことも可能だし、タクシーで通勤して料金は会社が払う配慮があっても良い。
全く配慮しない企業は従業員の扱いが雑過ぎる。
パソコンやインタネットがある時代なんだから、自宅で仕事をすることも可能だ。


就活生や入社前新人だと気が付くかもしれないが、入社前は大事に扱われるが入社後の扱いは雑になる。
入社する会社がコロナウイルスに配慮していないならいずれ、新人や就活生も同じ扱いをされる。
労働者の待遇は悪いなと思う。新人や就活生に配慮するなら、従業員にも配慮するべきだろ。


労働者を雑に扱う企業に気を付けろ。

後輩が成長している

f:id:sato1987:20200222015037p:plain


新人の頃は社畜だった後輩が成長している。
入社した頃は手が空けば「何か手伝うことはないですか」と聞いてきたり、仕事が任されることに喜びを感じていた。
新人研修では「指示を待つな。自主的に動け」「上の言うことには「はい、任せて下さい、やってみます」とすぐに答えろ」と教わっていたので、勝手に仕事をやってミスをすることもあった。
先輩や上司の言うことを聞いてよく手伝ってくれたものだ。
僕はそうした後輩を見て、経営者に都合よく使われている様に見えたので脱社畜研修をした。
・頑張っても給与が上がらない。努力した結果儲かるのは経営者のみ
・仕事を任されても苦労するだけ
・頼まれて「はい」と言いつづけると仕事が雪だるま式に増えていく。いずれキャパオーバする
・頼まれ事は「いいえ、無理です、出来ません」の精神で取り組め
・仕事は最低限やるのが一番得する
こうしたことを何度も教えるうちに脱社畜してしまった。
成長と言うものは自身が得をしないといけない。労働者にとっての本当の成長は脱社畜だと考えている。

 

成長して脱社畜した後輩が複数居る。様子を観察したり話を聞いていると
先輩が「手が空いたときにあれして欲しい」と仕事を頼んでもやらない。
手が空いても、忙しいフリをしている。
もしくは他の後輩と雑談している。なんか楽しいそうだから僕も混ぜて欲しい。
資格の勉強をしているが、業務に関係の無いものばかりだ。業務に関係の有る資格は受けもしない。
転職サイトを眺めたり、受けたりしているみたいだ。
仕事を辞めて自営業として頑張るといって辞める人まで出てきた。
残業しているが定時で帰っても間に合う仕事をあえて遅くやって残っている。残業代が欲しいのだろう。
今となっては僕が脱社畜について学ばないといけない立場になっている。


手が空いていても手伝わない後輩が増えたお陰で、普段から「仕事がクソだ。やる価値がない」と毎日ブログに書いている僕が働いている始末だ。
僕も後輩を見習って脱社畜をしないといけない。脱社畜は経営者にとって損失でしかないが、労働者目線で見ると利点しかない。
労力を最低限しか提供しないので、経営者から搾取されることは無い。そもそも、搾取する物が無いのでとりようが無い。
給与は、仕事をしても増えない。一方で、働かない人も給与がカットされることが無い。
働いてもサボっても給与が同じなので、提供する労力が少ない程、労働単価が高い。
労働者が得をする分、損するのは経営者だ。脱社畜は資本主義で強いとされる資本家側にいる経営者から搾取する存在である。
今後も脱社畜を進めて、経営者から徹底的に搾取する存在であって欲しい。
後輩には、脱社畜して資本主義の頂点に立って欲しいものだ。

社畜に成長は不要

f:id:sato1987:20200222014543p:plain


社畜は仕事で成長も進化もしなくていい。
雇われ仕事をしていると、事有るたびに、成長しろ成長しろと言われる機会がある。
兎に角、成長や進化を求められる。社畜として働いていいるうちは、する必要が無い。
職場で成長しても、仕事量が増えて労働時間も長くなる。
労働時間が長くなっても給与が増えるとは限らない。残業代を支給するとなれば、残業をする前提の給与に設定される。
昇給をカットして、本給の一部をボーナスにすれば、安い時給で残業をさせることが可能だ。
仕事量の増加にに伴い責任やストレスが増える。私生活で解消するために、お金を使いと実質的には給与が下がる。
タダでさえ少ない給与を下げてはいけない。進化しても給与が退化するだけだ。
仕事で成長と進化を繰り返すだけ苦労するだけだ。なんでもこなせるベテランになっても給与が新人ならカッコが付かない。ダサいだけだ。


仕事が出来る労働者に新人並の給与を払っていれば利益が出る。その利益は経営者が独占して、自身が豊かな生活をしたり、会社を立派に見せるために使う。
儲かりすぎたら、税金対策に無駄な改築工事をしたり、自身の車を社用車と称して買ったり、自宅を事務所と称して買ったりして、永遠に労働者には還元されない。
成長なんてする必要が無い。したところで、搾取されるだけだ。


成長するなら、自身の為になることだけすればいい。仕事でやるにしても、給与が上がることだけをやれば良い。
ブラック企業だと成長することで仕事が辛くなる。新しいことにチャレンジした結果、新しい仕事を取って利益を上げても給与が増えない。
改善して生産性を上げても、給与は据え置きだ。
そうすれば、成長することは限られてくる。具体的には手当てが付く資格を取る位だ。資格手当ても付かないなら、もう仕事で成長することは無い。
定時まで暇にならない程度に、仕事をすることしか出来ない。


ブラック企業で働くと成長は仕事でしか出来ないとされるが、そんな事は無い。
それが本当なら、赤ん坊と同じ能力で入社することになる。僕は成長するにしてもプライベートで出来る。
給与が増えないなら、仕事でなんか成長しなくていい。帰宅後にやりたいことで成長すれば十分だ。

中居氏もセミリタイヤか

news.yahoo.co.jp

中居氏もセミリタイヤしたいのだろうか。退所後はのんびりやりたいと言ってた。
華やかな世界に見えて、現場で働いているタレントは酷使されているのだろうな。事務所は利益目的の組織だろうから、売れるタレントは、徹底的に使ってそうだ。
事務所経費や経営者の利益を確保して、売れないタレントの分まで稼ぐのだろう。
タレントは、労基法が適応されないんだろうから、休み無しで毎日長時間労働も有り得そうだ。自営業以外は、どんな職業でも労基法を適応するべきだと思う。
経営者の利益の為に働かされると、キリがないだろう。
恐らく激務の耐えるのが嫌になって、独立して働きたいと思ったのだろう。タレント業は魅力が有るそうだがそれでも、激務は嫌なんだろう。

以前に中居氏が普段はお金を使わない。貯蓄は沢山ある的な発言をしていた。
沢山稼いでも使ってしまうと、足りないから働かざるを、得ない状況に陥る。普段から使わないのであれば、今後は働かなくても今の生活を維持する分は持っているのだろう。
もし、高所得を得ながら出費を増やしていれば、のんびり働く発想は持てないと思う。

サラリーマンもこうした姿勢は、見習うべきだと思った。
中居氏に比べると収入は無いに等しいサラリーマンだが、40代後半まで働き続けて出費を抑えたら、そこそこの金融資産は持てるはずだ。
40代後半まで働けば、後はのんびり働きながら生活も可能である。
激務な環境で働いているひとは、ストレス解消だと言って使うのでなくて、ストレス自体が無い生活を目指して出費を抑えて、働かなくても少しの間はやっていけると思える状態にするべきだと思う。

中居氏の様に華やかで収入に恵まれている人でも、激務に耐えたくないのだろう。
サラリーマンは地味だし、収入も少ない。それなら一層のこと耐えたくない。

今は売れているアイドル兼タレントもセミリタイヤする時代だ。
セミリタイヤが主流な生き方になると思う。時代に遅れない様にセミリタイヤを目標に頑張ろう。

働き過ぎに気を付けろ。